ペットブームとペットホテル

近年のペットブームで、ペットは家族の一員として人間同様に扱われている家庭が増えています。
たとえば、犬は昔は番犬として外で飼われるのが当たり前だったのに室内犬もかなり増えました。
洋服を着せたり、食事も健康志向から無添加や食材にこだわったりとかなり高価なものも販売されるようになりました。
この流れによって、ペット産業はどんどんマーケットを拡大しており、犬や猫以外にも室内で飼うことのできるペットが注目されています。
熱帯魚やハムスターといった小さい動物以外にも、シマリスやウサギ、ハリネズミやリスザルといった動物も飼われることが増えています。

このように、どれだけペットが市民権を得てきても、旅行や出張には連れて行くことができない場面も多くあります。
また、体調不良や多忙な時には、満足に面倒を見られない時もあります。
このような時には、人に預けることを考える必要があります。
その際に、利用するのがペットホテルです。
ペットホテルは様々な形態がありますが、最近のペットブームの流れで全国に6000件以上もあると言われています。

ペットホテルというと、一般的には犬や猫を預けるのが一般的です。
しかし、最近はペットブームで犬や猫以外にも少し変わった猿や爬虫類といった動物を飼っている人も増えています。
これらの動物は預かってもらうことができるのでしょうか。
ここでは、ペットホテルで預かってもらえる動物の種類を紹介していきます。